末永く革財布を愛用するためのポイントは。”日々使用していること”

革財布のお手入れ 本革財布(革製品)は、基本的に「水が付着すること」「革が乾燥すること」の2つの要素が 最大の敵となります。”水”と”乾燥”に弱いということ。相反する要素ではありますが、 ”水分が多すぎる”と「カビの発生」を招くことになり、革繊維そのものが腐敗する要因となりますし、 かといって”乾燥しすぎる”と「革繊維の劣化」が生じるのです。 ですから、基本的に”適度な水分保持”がなされている状態を保つことが革財布を末永く活用していく ための条件となるのです。

そんな要素(条件)があることから、革財布の場合・・単に使用しないで「保管しておく」ことの ほうが、状態を保つのが案外難しいものとなります。逆に日々革財布を使い続けることによって”革表面に適度な 脂分が保たれやすい”のです。(人の手油などによって適度に保脂されるのです)脂分は革表面を コーティングする形で革繊維内の保湿をしてくれますので、良質な革状態を保つことに繋がって くれるのです。

革素材の種類によって、”お手入れ方法”が異なる要素も!!

基本的には、全ての革素材が”水の付着”と”乾燥”に弱いものです。ですから、日々の共通した ”お手入れポイント”となるのが「汚れ及び水付着の除去」「適度な脂分のキープ」ということになります。 ただ、「適度な脂分の付加」に関しては、革素材の種類によって、お手入れ方法(脂の種類など)が 大きく異なることも。 基本的に、”へび革・ワニ革”といった「爬虫類系革素材(エキゾチックレザー)」「起毛革素材(ヌバック)」 「エナメル仕上げ革素材」 と他革素材でお手入れ方法が異なるものとなるといった認識だけでも持っておいていただければと 思います。

コードバン財布のお手入れ関連情報|本革財布メンズ|はこちら!!

”水の付着”は即ふき取ることが大切。”汚れ”は適宜、柔らかさのある布(コットン)でふき取りを。

革財布のお手入れ 革素材の種類に関わらず、日々の生活において、”水の付着”は付着したら即除去すること(ふき取り) が大切。”汚れ”も付着したら適宜除去することを心がけていただければと思います。

その時に注意しておきたいのが、ふき取りに使用する”布の種類”。布繊維が荒かったり、固すぎる ものだと”革素材の表面”にキズを付けることとなってしまいます。逆に柔らかすぎても、汚れの除去が しにくかったりするもの。適度な”柔らかさ”を有している「布」をお手入れ用に準備しておいて いただければと思います。素材としては”コットン素材”などが最適。革財布専用の「お手入れクロス(コットン)」 も販売されていますので、革財布を購入するときに一緒に入手しておくことをおすすめいたします。

革財布専用のお手入れクロス(コットン)の詳細・購入はこちら。

最も注意が必要なのが、”保脂用のクリーム”選び。革種類に応じた専用クリームを活用。

革財布のお手入れ 革財布のお手入れをする上で最も注意が必要なのが、”保脂用のクリーム”選びと活用です。 革専用のお手入れクリームにも多種多様な商品があります。クリーム自体に”色が付いているもの”から ”無色透明”なものもあれば、クリームに使用している素材にも多様性があります。

革製品お手入れ用クリーム商品には、かならず「使用可能な革素材の種類、色」などが明記されて いますので、革財布の素材と色を確認した上で、選択購入していただければと思います。

革財布専用のお手入れクリーム(無色透明)の詳細・購入はこちら。

保脂クリームを使用する前に行っておきたい、「縫製部分の汚れ落とし」

革財布のお手入れ コットン布などで革財布表面の汚れを落とすことは出来るのですが、案外忘れてしまいがちなのが 、「縫製部分の汚れ除去」です。縫製部分を”ステッチ”と呼びますが、ステッチの汚れをそのままに して、クリームを使用してしまうと、”汚れ”が沈着してしまう要因となります。ゆえに、クリームを 使用する前には、ステッチ部分も含めて”汚れ除去”を心がけていただければと思います。

ステッチの汚れ除去は、”布”ではなかなか対応しきれないもの。専用の「お手入れ用ブラシ」を 活用していただければと思います。革素材表面を傷つけない適度な固さを有していることから、 本革財布のお手入れ用ブラシとして ”馬毛のブラシ”が昔から重宝されています。

革財布専用のお手入れブラシ(馬毛)の詳細・購入はこちら。

メンズ革財布に使用される”人気革素材”の種類と特性!!

長財布メンズcontents